読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのまま-はてなブログ版-

資格なし、学歴なし、30代フリーター、豆腐メンタル……そんなダメ人間のブログ

結論としては、宝くじが当たれば全て解決すること

ネットの世界では割と有名な方だと思うのですが、寝太郎さんという新しい生き方を体現なさっている方がいます。
Bライフ研究所(HP)
10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ(ブログ)
上のサイトやブログをご覧いただければおわかりいただけると思うのですが、自分に都合の良い立地条件の土地を買い、住むのに最低限必要な住居を自作し、固定費を可能な限りゼロに抑え、さらに変動費も節約する事で支出を低くし、短期アルバイトや季節ものの住み込みアルバイトで十分な収入を得て、誰にも文句を言われる事もなく、ゴロゴロ生活できる……という生活をなさってます。
僕のように働くのが大嫌いな人間なら、一度は憧れる生活ではないでしょうか。

最近、某巨大掲示板サイトで、この寝太郎さんを快く思えない人の書き込みが増えてきたように見受けられます。
「年金や保険、税金の免除や猶予を利用して税金を払わないくせに公共施設はフル活用している」「タダ乗りが好きで乞食と変わらない」等々……。
僕には、年金や保険を免除して税金を払わず、それでいて公共施設や社会インフラをフル活用したり、タダ乗りして楽に生きる事は、憧れこそすれど何故みんな悪行のように攻撃するのかわからないんですよね……。
非合法に脱税しているわけではなく、しっかりと役所で申請した事が通った結果なのに、なんでこんな悪く言われてしまうのでしょう。

僕は寝太郎さんのように行動力も知識も無く、頭の回転も遅いので、同じような生活を営む事は不可能だと思いますが、年金や保険や税金の徴収を低く抑えるために働く時間や日数を減らすのは目から鱗というか驚きでした。
足りないから稼がなければいけない=最大の苦痛である労働に多くの時間を費やさなければいけなくなるのではなく、生活を安価に済ませれば労働に費やす時間も減らせるというのは、逆転の発想でしたから。
良い生活をするために頑張るのはやめよう。身の丈に合った生活をして、その分だけ働く。そして、そのために社会制度を有効活用し、公共施設はありがたく使わせてもらう。
とても普通の考え方だと思うんですよね。僕も、一歩でも寝太郎さんに近い生活を心がけたいものです。



にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 友達ゼロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村